メニュー
閉じる

講座・イベント

日本の城を学ぶ~戦国関東の歴史と城~

応仁の乱よりも前から既に関東では享徳の乱という大乱が勃発していました。本講座では、享徳の乱から豊臣秀吉の小田原平定まで135年の歴史とその舞台になった城について学びます。

講師:小和田 泰経 氏(歴史研究家・静岡英和学院大学講師)
國學院大學大学院文学研究科博士課程後期退学。専攻は、日本中世史・対外関係史。日本城郭協会理事。昨年度のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に資料提供として参加。

日時

9/10~10/29 金曜全5回 13:30~15:30

受講料など

7,600円(教材費込)

対象人数

50名

学習内容

日程 テーマ 学習内容
1 9/10 鎌倉公方足利氏と関東管領上杉氏の対立 戦国時代の始まりともいわれる享徳の乱は、鎌倉公方足利氏と、その補佐役である関東管領上杉氏の対立からおこりました。その戦いの舞台になった古河御所・鉢形城などを取り上げます。
2 9/24 上杉一族の争いと北条早雲の台頭 享徳の乱で上杉一族は勢力を拡大しますが、太田道灌の死により一族での争いに突入し、その隙に北条早雲が勢力を拡大してきました。その戦いの舞台となった堀越御所や新井城などを取り上げます。
3 10/1 古河公方足利氏の没落 北条氏の関東進出により関東管領上杉氏は追放され、古河公方足利氏は北条氏に屈します。その戦いの舞台となった川越城・岩槻城などを取り上げます。
4 10/15 上杉謙信の越山と関東 関東から追放された関東管領上杉憲政は上杉謙信に職を譲り、関東管領となった上杉謙信が関東に進出し、北条氏と争います。その戦いの舞台となった唐沢山城・臼井城・関宿城などを取り上げます。
5 10/29 小田原開城 上杉氏を押さえて関東を制圧した北条氏ですが、関白となった豊臣秀吉と対立し、小田原攻めに至ります。その戦いの舞台となった小田原城・八王子城・忍城などを取り上げます。

申し込み方法

インターネット予約(5:00~24:00)※受付開始日のみ9:00~

電話(048-728-7113)または来館(9:00~17:15)

※受付開始日はお電話が混雑するため、 インターネット予約をご利用いただきますようご協力お願いいたします。

備考

※新型コロナウイルス等の影響により、やむを得ず中止・変更させていただく場合がございます。
※定員になり次第締め切ります。(先着順)
※学習内容は変更になることがございます。予めご了承ください。
※受講料はお申込みから14日以内にお支払いください。
※やむを得ない事情により講座の受講をキャンセルする場合は、講座開始日を第1日として、さかのぼって15日目にあたる日以前に、必ず当センターまでご連絡ください。この日を過ぎてキャンセルした場合又は連絡なしにキャンセルした場合は、既にお支払いいただいた代金は原則として返却できませんのでご注意ください。
※お客様の個人情報については、当財団個人情報保護方針に基づき適切に取り扱いいたします。
詳細はこちらのページをご覧ください。(はじめて講座をお申込みになる方へ