メニュー
閉じる

講座・イベント

激動の東国戦国史を学ぶ

戦国時代といえば、織田信長を中心とした畿内の歴史が語られることが多いですが、関東地方とりわけ埼玉県域にも地域色豊かな歴史があります。
小田原北条氏が主役としてよく登場しますが、今回は同氏が登場する以前の、戦国時代前半の様相を、政治史、社会史、さらには遺跡などを取り上げて考えます。

菅谷館跡
菅谷館跡

講師

齋藤慎一先生

齋藤 慎一 氏(江戸東京たてもの園専門調査員(学芸員))

明治大学大学院文学研究科史学専修博士後期課程退学。2001年、論文「中世後期の領域形成と城館」で博士(文学)学位取得。江戸東京博物館専門調査員(学芸員)を歴任。2023年4月より現職。関東戦国史に関する著書、論文を多数発表している。

日時

9/24、11/19、12/17、2/25、3/17 日曜全5回 13:30~15:00

受講料

8,000 円(教材費込)

定員

70名

内容

日程 テーマ 学習内容
1 9/24 足利成氏と享徳の乱 関東の戦国時代の端緒となった合戦と、発端を開いた人物から戦国時代を考えます
2 11/19 関東管領上杉顕定 戦国時代の埼玉県域で中心的な役割を担った人物である上杉顕定について学びます
3 12/17 関東平野の交通 戦国時代の埼玉県域と取り巻く交通事情を解説します
4 2/25 山内上杉家の城館 戦国時代の埼玉県域の戦国城館の変化について解説します
5 3/17 太田道灌と江戸 太田道灌が活躍したころの江戸について解説します

申し込み方法

インターネット予約(5:00~24:00)※受付開始日のみ9:00~

電話(048-728-7113)または来館(9:00~17:15)

休館日(PDF)を除く

※受付開始日はお電話が混雑するため、 インターネット予約をご利用いただきますようご協力お願いいたします。

備考

※定員になり次第締め切ります。(先着順)
※学習内容は変更になることがございます。予めご了承ください。
※受講料はお申込みから14日以内にお支払いください。
※やむを得ない事情により講座の受講をキャンセルする場合は、講座開始日を第1日として、さかのぼって15日目にあたる日以前に、必ず当センターまでご連絡ください。この日を過ぎてキャンセルした場合又は連絡なしにキャンセルした場合は、既にお支払いいただいた代金は原則として返却できませんのでご注意ください。なお、返金額は令和5年4月1日受付開始の講座から振込手数料を差し引いた額とさせていただきますのでご了承ください。
※お客様の個人情報については、当財団個人情報保護方針に基づき適切に取り扱いいたします。
詳細はこちらのページをご覧ください。(講座をお申し込みになる方へ
※「基本的感染対策に基づく講座受講時のお願い」へのご協力をお願いいたします。