メニュー
閉じる

講座・イベント

ヴァティカン美術館の楽しみ方ーラファエロとミケランジェロを中心にー

教皇ユリウス2世(位:1503-13年)はローマを信仰だけではなく、美術の面でも世界の中心にしようと企て、ミケランジェロやラファエロに壁画を委嘱しました。本講座では、システィーナ礼拝堂や「署名の間」の壁画を中心に、ヴァティカン美術館の楽しみ方をわかりやすく解説していきます。

講師:松浦 弘明 氏(多摩美術大学教授)
東京藝術大学博士課程修了。イタリア政府給費留学生としてフィレンツェ大学美術史学科に留学。在伊中の研究成果 “Per una rilettura dei mosaci della Scarsella del Battistero fiorentino”を国際的学術雑誌 “Arte Medievale”に発表。主な著書「図説 イタリア・ルネサンス美術史」(河出書房新社)、「システィーナ礼拝堂を読む」(河出書房新社)、「ラファエロ ー時代と作品を読む」(河出書房新社)など。

日時

11/1・15、29 月曜全3回 10:00~11:30

受講料など

4,600円(教材費込)

対象人員

50名

内容

日程 テーマ 学習内容
1 11/1 ラファエロの《アテネの学堂》に見る古代思想 古代ギリシア思想が当時、どのように把握されていたのかを知る
2 11/15 古代ギリシア彫刻 《アポロ》と《ラオコーン》 古代彫刻がミケランジェロにどのような影響を与えたのかを探る
3 11/29 システィーナ礼拝堂天井装飾 壁画制作中に変化するミケランジェロの考えを作品から推察する

申し込み方法

インターネット予約(5:00~24:00)※受付開始日のみ9:00~

電話(048-728-7113)または来館(9:00~17:15)

※受付開始日はお電話が混雑するため、 インターネット予約をご利用いただきますようご協力お願いいたします。

備考

※新型コロナウイルス等の影響により、やむを得ず中止・変更させていただく場合がございます。
※定員になり次第締め切ります。(先着順)
※学習内容は変更になることがございます。予めご了承ください。
※受講料はお申込みから14日以内にお支払いください。
※やむを得ない事情により講座の受講をキャンセルする場合は、講座開始日を第1日として、さかのぼって15日目にあたる日以前に、必ず当センターまでご連絡ください。この日を過ぎてキャンセルした場合又は連絡なしにキャンセルした場合は、既にお支払いいただいた代金は原則として返却できませんのでご注意ください。
※お客様の個人情報については、当財団個人情報保護方針に基づき適切に取り扱いいたします。
詳細はこちらのページをご覧ください。(はじめて講座をお申込みになる方へ