メニュー
閉じる

講座・イベント

鎌倉殿とその時代ー武士・武家文化の胎動期ー(11月1日受付開始)

私たちは武士の事をあまりよく知りません。中でも平安時代末期から鎌倉時代初期、歴史に姿をあらわし始めたころの鎌倉武士は、テレビドラマや時代劇、時代小説やコミックではほとんど扱われることはありません。扱っていても政治面ばかりで偏ったものが多く、史実とはほど遠いものです。本講座では日本の歴史における初期の武士について、文献史料・絵画史料を用いて、政治・文化の両面からわかりやすく解説し、武士、特に日本の歴史における武士・武家の方向性を決定づけた鎌倉武士について理解を深めます。

講師:佐多 芳彦 氏(立正大学文学部史学科教授)
國學院大學大学院博士(歴史学)。立正大学史学会理事。日本風俗史学会理事。専門は、有職故実・風俗史、日本古代・中世史、絵画史料論。主な著書「服制と儀式の有職故実」(吉川弘文館)、共著「歴史をよむ」(東京大学出版会)。NHK大河ドラマ「平清盛」「真田丸」「おんな城主 直虎」「麒麟がくる」ほか来年度「鎌倉殿の13人」で風俗考証、テレビアニメーション「平家物語」で歴史監修を担当。

日時

1/22~2/26(2/5を除く) 土曜全5回 14:00~15:40

受講料など

7,600円(教材費込)

対象人員

ZOOMオンライン:35名
会場ライブビューイング:15名

内容

日程 テーマ 学習内容
1 1/22 源氏と平氏 古代から中世へ 平安時代から鎌倉時代への転換期の源氏と平氏を通じて、武士とはどういう人たちであったのかを確認する。
2 1/29 鎌倉幕府の儀礼と歳事 鎌倉幕府の儀礼や歳事は、のちの室町時代に比べてほとんど知られていない。鎌倉武士がどのような儀礼観をもち、どのような歳事を共有していたのか概観する。
3 2/12 鎌倉武士の生活 衣・食・住 第1・2回をふまえて、実際の鎌倉武士の生活を、衣食住の観点から紹介する。
4 2/19 鎌倉武士の生活 戦争という職能 武士といえば、武術に長け、戦争を職能としていた人々という印象がある。その実際を考える。
5 2/26 鎌倉時代の終焉 鎌倉時代とはどのような時代であったのか、武士の立場で考え、後に続く南北朝・室町時代にも興味関心を広げて考える。

※お申込時にオンラインかライブビューイングかどちらかをご選択ください。

●オンライン受講の場合
(1)「ZOOM」が使用できるパソコン・タブレット・スマートフォンをご準備ください。
(2)事務局からの連絡は主にEメールとなります。
(3)本講座は「ZOOMミーティング」を使用します。受講生の皆さんのお名前と映像が映し出されますのでご了承ください。

●会場ライブビューイングの場合
(1)講師は会場(埼玉県県民活動総合センター)へ参りません。
(2)会場にてZOOMの画面をスクリーンに投影し視聴いただきます。

  • ●持ち物 筆記用具

申し込み方法

インターネット予約(5:00~24:00)※受付開始日のみ9:00~

電話(048-728-7113)または来館(9:00~17:15)

※受付開始日はお電話が混雑するため、 インターネット予約をご利用いただきますようご協力お願いいたします。

備考

※新型コロナウイルス等の影響により、やむを得ず中止・変更させていただく場合がございます。
※定員になり次第締め切ります。(先着順)
※学習内容は変更になることがございます。予めご了承ください。
※受講料はお申込みから14日以内にお支払いください。
※やむを得ない事情により講座の受講をキャンセルする場合は、講座開始日を第1日として、さかのぼって15日目にあたる日以前に、必ず当センターまでご連絡ください。この日を過ぎてキャンセルした場合又は連絡なしにキャンセルした場合は、既にお支払いいただいた代金は原則として返却できませんのでご注意ください。
※お客様の個人情報については、当財団個人情報保護方針に基づき適切に取り扱いいたします。
詳細はこちらのページをご覧ください。(はじめて講座をお申込みになる方へ