メニュー
閉じる

講座・イベント

東照宮縁起絵巻からみる徳川家康

徳川家康は死後に「東照大権現」として神格化されました。その一生を描いた「東照宮(社)縁起絵巻」は、神秘的な誕生から苦難の人質時代に始まり、その人生の重大事を中心に美しい絵画で描いています。
本講座は、この「東照宮(社)縁起絵巻」を中心に、「姉川合戦図屏風」「徳川家康しかみ像」「長篠合戦図屏風」「関ヶ原合戦図屏風」「大坂冬の陣図屏風」「大坂夏の陣図屏風」なども織り交ぜながら、絵画資料からみた家康の一生を解説します。

大阪城天守閣蔵

講師

堀 新 氏(共立女子大学文芸学部文芸学科教授) 

日本古文書学会理事。早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒、同大学院文学研究科を単位取得退学。2009年「近世国家の成立と権力構造」で文学博士。研究領域は日本中世史および近世史。最近では戦国軍記・合戦図の史学的研究に取り組んでいる。

日時

12/17・24、1/7・21、2/18 土曜全5回 10:00~11:30

受講料など

8,000 円(教材費込)

対象人員

70名

内容

日程 テーマ 学習内容
1 12/17 誕生から人質時代 家康の苦難の人質時代を振り返ります
2 12/24 信長・秀吉配下の時代 姉川・三方原・長久手の戦いを振り返ります
3 1/7 関ヶ原の戦いと将軍宣下 秀吉の死から関ヶ原の勝利を経て将軍宣下までを振り返ります
4 1/21 大坂の陣と相国宣下 豊臣氏を滅ぼして真の意味での天下人となり、太政大臣に昇進するまでを振り返ります
5 2/18 大御所政治と東照大権現 大御所として駿府で実権を握り、死後に東照大権現として祀られるまでを振り返ります

申し込み方法

インターネット予約(5:00~24:00)※受付開始日のみ9:00~

電話(048-728-7113)または来館(9:00~17:15)

※受付開始日はお電話が混雑するため、 インターネット予約をご利用いただきますようご協力お願いいたします。

備考

※新型コロナウイルス等の影響により、やむを得ず中止・変更させていただく場合がございます。
※定員になり次第締め切ります。(先着順)
※学習内容は変更になることがございます。予めご了承ください。
※受講料はお申込みから14日以内にお支払いください。
※やむを得ない事情により講座の受講をキャンセルする場合は、講座開始日を第1日として、さかのぼって15日目にあたる日以前に、必ず当センターまでご連絡ください。この日を過ぎてキャンセルした場合又は連絡なしにキャンセルした場合は、既にお支払いいただいた代金は原則として返却できませんのでご注意ください。
※お客様の個人情報については、当財団個人情報保護方針に基づき適切に取り扱いいたします。
詳細はこちらのページをご覧ください。(はじめて講座をお申込みになる方へ