メニュー
閉じる

たまサポ調査隊がゆく

  • 保健医療
  • 社会教育
  • まちづくり
  • 環境保全
  • 地域安全
  • 子ども健全育成

NPO法人羽生の杜(羽生市)

活動内容

〇高齢者と子どもたちの居場所づくりという二つの柱を法人の目的通している。
1,高齢者の高齢者による高齢者のための講座(ジャズボーカル、吹奏楽、俳句・連句、陶芸、
数独の6講座を月に各一回)
2,みんなの食堂(月/2回)平均110食~150食
3,フードパントリー(隔月/1回)65~70世帯(210人前後)
4 定期ジャズ・コンサート(6月&12月)
5,春、夏、冬休み遊び企画(各3~5日間)20人~30人の小学生
6,県パントリー・県こども食堂ネットワークの中間物流拠点    

アピールポイント

 1800坪の敷地を有し、里山をイメージした森として、地域住民をはじめ子どもも高齢者も遊び癒される憩いの場所を目指している。
多世代間の交流はもとより多様な状況におかれている方々の居場所を目指しています。

今後の展望

生きづらさを抱えた方々の課題を共有する場を目指していきたいです。そのために何が必要か、何をしなければならないかということを常に考えていきたいと考えています。コロナ禍で押し寄せる「子どもたちやひとり親家庭、困難な生活を強いられる方々」の課題はますます重くかつ大きくなってきています。その課題に少しでも応えていけるように取り組んでいきます。

取り組んでいるSDGsの目標

SDGs