メニュー
閉じる

お知らせ

桶川市シルバー人材センターで「第1回運動会」を開催!

 桶川市シルバー人材センターでは、令和4年5月23日に桶川サン・アリーナを会場に会員を対象とした運動会を開催しました。
 この催しは、長期にわたるコロナ禍により、会員同士のコミュニティの場が少なく、連帯感が不足していることから、会員同士の親睦を深めると同時にセンターの魅力を発信することを目的に開催されました。
 当日は、来賓に小野克典桶川市長をお招きし、万全の感染対策を施したうえで「走らない・跳ばない・投げない」のキャッチフレーズのもと、お手玉カーリングや玉入れなど、シニア世代でも気軽に参加できる5種目を用意。競技が始まると参加した86名の会員さんは全員本気モードにスイッチオン。
 特に地域班別の地区対抗戦では、日頃の外出自粛で溜まったうっ憤を吹き飛ばすほどの熱戦が繰り広げられました。
 企画運営の中心となって活躍された専務理事の小澤晴信さんは、「会員さんのいきいきとした表情が見られてうれしい。このような時期に開催することに不安もあったが思い切って開催して良かった」と顔をほころばせました。また、理事長の吉田耕造さんは「好評であれば来年も第2回を企画したい」とのことです。
 新型コロナウィルス感染症の状況は未だ予断を許さない状況が続いていますが、新しい生活様式の定着する中、徐々に以前の生活を取り戻しつつあります。
 このような意欲的な取組は、会員同士の親交を深めるだけでなく、シルバー人材センターを身近に感じていただくことで、会員が中心となった「自主・自立、共働・共助」によるシルバー人材センターの発展に繋がるものと考えています。