メニュー
閉じる

あなたの街のシルボンヌさん

色とりどりのお花が香るドラッグストアでファンを増やす🌺🌺

杉戸のウエルシアで「フラワーアレンジメント教室」を開催!!「包丁研ぎ」も同時開催!

今回は、ウエルシア杉戸倉松店「ウエルカフェ」にて行われた、杉戸町シルバー人材センター女子会主体の地域協働活動を取材!                                  「フラワーアレンジメント教室」の開催に併せて「包丁研ぎ」も開催されました。

「ウエルカフェ」にて、独自事業を展開する杉戸町シルバー人材センター女子会の活動「フラワーアレンジメント教室」にスポットをあてます。

みなさんは、ドラッグストアと聞いてどんな店舗をイメージしますか? 最近の店舗は品揃えも豊富ですし、近頃の値上げラッシュもあって、利用頻度も増えているのではないでしょうか。そんな身近な存在、ドラッグストアのウエルシア杉戸倉松店「ウエルカフェ」で行われた杉戸町シルバー人材センターの「フラワーアレンジメント教室」を取材しました。

●ウエルカフェについて

今回の会場となったドラッグストアのウエルシアには、店内に「ウエルカフェ」というフリースペースがあります。このスペースは、地域協働コミュニティの場として地域の包括ケア活動に取組み、公益活動を行う企業や団体に、地域の「通いの場」を無償で提供しています。また地域介護予防支援事業として薬剤師・管理栄養士・ビューティーアドバイザーを配し日常生活総合支援事業に貢献しています。「ウエルカフェ」は現在埼玉県内にウエルシア店41店舗に併設され様々な協働活動に利用されています。                                                         ※詳しくは、こちら https://www.welcia-yakkyoku.co.jp/welcafe/index.html

●「ウエルカフェ」スペースで「フラワーアレンジメント教室」

杉戸町シルバー人材センターでは、平成29年4月より「ウエルカフェ」にて月一度のペースでイベント開催を行っています。今日は人気の「フラワーアレンジメント教室」です。毎月開催されていることもあり講師となる女子会メンバーも手慣れたものです。                          お花は今回のイベント用に事前に準備されたものではなく、その時々で皆さんが持ち寄った野花を使ってアレンジメントしていきます。数あるお花の中から色合いを見事に組合せていくセンスに、思わず見とれてしまいます。参加された方々も、慣れた手つきで楽しそうに和気あいあと製作していきます。来店されたお客様も買い物の合間に、興味深そうにアレンジメントの様子を覗いている方が数多く見受けられました。

屋外では「包丁研ぎ」のグループも活動していました。元フラワーアレンジメントメンバーが受付を担当します。切れない包丁はストレスの元。でも自分で研ぐのは難しいので、シルバーの包丁研ぎはここでも大人気。会員さんの熟練した技術で、小気味よく研ぎ音を響かせます。ここに来れば包丁を研いでもらえると知って遠方から来られる方もいるとか。ここにも一つコミュニティが生まれているのを微笑ましく感じつつ。心地よく響く研ぎ音に耳を傾けます。

●ウエルシア杉戸倉松店 店長に聴く

現在ウエルシアは全国に2000店舗程度の展開をしておりますが、そのうち200店舗程が当店のような「ウエルカフェ」スペースを併設しております。
行政やNPO団体、シルバー人材センターさんなど各種な団体や市民の皆さんにご利用をいただいております。センターの方に「本日の参加者は〇〇名です」と報告をいただき、それが店の活気にも繋がっています。
シルバー人材センターさんには、以前より毎月ご利用いただいております。「フラワーアレンジメント教室」の参加や「包丁研ぎ」の利用の際、そのまま買い物をしていただいたりと、お互い相乗効果でよい関係を築けています。実際に店の数字もとても好調です。今後は、「フラワーアレンジメント教室」や「包丁研ぎ」以外の違ったイベントを開催していただくのもよいのではないかと思います。

●シルボンヌさんに聴く

「フラワーアレンジメント教室」 小山さん

以前よりシルバー人材センターを見聞きしていたので、歳をとったら入会しようと考えていました。少し前までは広報委員会の委員長を2年程経験しました。普段は家事援助のお仕事をしております。
私は2代目の「フラワーアレンジメント教室」の講師になります。もともと植物が大好きで、植物栽培も趣味としています。「フラワーアレンジメント教室」の活動をして良かったことは、お買い物のお客様に立ち寄っていただいたり、若い方や夏休みのお子さんたちが、遊びに来てくださること。また、いろいろな方と交流ができ参考になるお話がたくさん聞けることです。とにかく楽しく活動しております。お花の材料は、会員さんのお庭から調達したものを使用し、花器の代わりにプリンやゼリーの容器を再利用しているのでSDGsですね。自然を扱う者としては、自然に優しくなくてはと常日頃から考えております。また、これからも多くのの皆さんにフラワーアレンジメントの楽しさを伝えていきたいと考えています。

●シルボンヌさんに聴く

「包丁刃物研ぎ」受付 坂本さん

「介護ヘルパーの資格があるのならシルバー人材センターに登録だけでも」との友人からのお誘いがあり、同時に家事援助のお仕事も始めたいと思っていたので入会しました。入会してまだ4年ほどです。
当初は「フラワーアレンジメント教室」の講師をしていたのですが、しばらくして「包丁研ぎ」受付の前任者がお辞めになり、私が引き継ぐことになりました。今は両イベントを同時開催するようになり「フラワーアレンジメント教室」も兼務しています。「包丁研ぎ」は遠方から出向いて来られるお客様が多くいらして、何かとてもこだわりを感じますね。
シルバーの皆さんは色々な特技をもっているので、これからも様々なイベントを企画し、開催したいと考えています。「ウエルカフェ」利用のイベントで今後も地域に貢献していければと思っています。

●「フラワーアレンジメント教室・包丁研ぎ」の取材にあたり

「フラワーアレンジメント教室」では会員さんの庭先のお花を持ち寄ったり、容器を再使用したりするなど身近な物を工夫して製作活動を行っていました。やはり、お花は周りを華やかにしてくれますね。清々しい気持ちにさせてくれました。「包丁研ぎ」の実演では、その熟練した技術力はさすがの一言です。今回の取材を通しで、杉戸シルバー人材センターとウエルシアの連携の素晴らしい取組みをより広く多くの方に周知できれば幸いと考えます。本事業はまだ始まったばかりですが、こうした活動を通して、シルバーのファン・お店のファン・地域のファンを増やす杉戸町シルバー人材センターの活動に期待しつつ、また新たな報告を待つことにしましょう。  ガンバレ杉戸!!