メニュー
閉じる

お知らせ

特定非営利活動法人日本捜索救助犬協会(久喜市)

 急峻な地形が多く地震も多い日本。最近では天候の影響もあり、災害が多発しています。地震や土砂崩れの災害現場、山林等での行方不明者などの現場において、救助犬の活躍を報道で目にすることも多いかと思います。

 NPO法人日本捜索救助犬協会は、ふだんは救助犬とその指導手の育成を行い、防災訓練・防災イベントへの参加などを行っていますが、ひとたび出動要請が入れば、国内各地へ救助犬と指導手を派遣し、捜索活動に入ります。
 本年7月の熱海市における土石流の災害現場では、発災直後から情報収集を始め、出動準備を整え待機。足場が悪く二次災害の危険があるため、一旦は救助犬の投入は困難との見方がありましたが、11日になって静岡県消防から出動要請があり出動、12日早朝から捜索に入りました。

 大量の土砂と水、堆積物に阻まれ、異臭と暑さもあり、困難を極めた現場でしたが、サポーターと顧問獣医師の協力があり、捜索に集中することができました。また、被災地住民の方が、泥だらけの犬を洗う水道を貸してくださったことも印象深く、一日も早く安心して生活できる環境に戻ることを祈るばかりです。

 これまでにも、東日本大震災・西日本豪雨災害など、多数の現場へ出動し、安否不明者発見の実績があります。

 

 

 もうひとつの活動の柱として、犬・猫の保護活動も行っています。保護した犬・猫に愛情を注ぎ、社会化のトレーニングを重ね、時間をかけて里親を探します。里親の家庭で生き生きと生活する彼らを見ることは、私たちの大きな喜びです。

 連絡先 NPO法人 日本捜索救助犬協会本部 久喜市菖蒲町三箇759-3
ご連絡は、ホームページ「お問い合わせ」からどうぞ。
https://www.japan-srda.net/