メニュー
閉じる

お知らせ

冷雨の中、延べ170人が来館購入 ひる市 

秋冬物の新鮮野菜を陳列 

11月15日、県民活動総合センター(けんかつ)の内モールで「けんかつ ひる市」が開催され、冷雨にもかかわらず延べ170人が来館し、次々と新鮮な野菜を買い求めていました。

この催しは、県産農産物の販売促進や地産地消の推進、施設利用者へのサービス向上を目的として公益財団法人いきいき埼玉が主催し、さいたま農業協同組合(JAさいたま)と伊奈町の協力により開いたものです。平成26年から毎年実施していましたが、新型コロナ感染拡大防止のため令和2年度から見送っていました。今年7月に3年ぶりに再開した後、8・10月に続き今回は4回目(今年度は最終回)の開催となります。

当日は、地元伊奈町などで採れた大根、ブロッコリー、サイツマ芋、柿、ニンジンなど秋冬物の新鮮野菜や、各地から届く旬のフルーツなどを陳列。レジには会計を待つ人で長蛇の列ができました。購入者には、同財団から大中小のオリジナル付箋セットが、JAさいたまから「黄金の(しずく) 梨グミ」の引換券がそれぞれプレゼントされました。

花きの販売も

「目の色変えて買いました!」

当日の購入者に伺いました。(かっこ内は住所地)

「テニスの合宿で来ました。雨天で中止になったため、ここに立ち寄ってみました。野菜が安いので驚いています」(伊奈町)

「大根が安いので買いました」(上尾市)

「鮮度がいいですね」(伊奈町・夫婦)

「和茶室の申し込みのついでに寄ってみました。スーパーよりかなり安いので、目の色変えて買いました! けんかつのイベントは雨でも濡れないのが良いと思います」(さいたま市北区・夫婦)

「今回で3回目になります。新聞の記事を見てやって来ました」(鴻巣市)

「新鮮な野菜が安いので毎回来ています。長芋がなかったので残念です。日によって採れる野菜が違うのでやむを得ないですね」(伊奈町)

「野菜の色艶がとてもいいですね」(さいたま市緑区)

「サークル活動(キルトの会)のため来たところ、偶然このコーナーを見つけました。新鮮で安い野菜が多いのでびっくりしました」(伊奈町)

「採れたての新鮮な野菜を!」

JAさいたま直売部北部直売推進センター長 土井どい淳一じゅんいちさん

開催協力団体のJAさいたま・土井さんに伺いました。

「ホウレンソウや小松菜などの“葉物”野菜は、雨よりむしろ風や直射日光に弱いのです。普段は屋外テントのイベント会場で販売することが多いのですが、けんかつは天候に左右されないので新鮮な野菜にとっては助かります。今日は、地元の農家さんが直売所(※)に今朝届けてもらった野菜を運んできました。通常の直売所用とは別に、ひる市用として分けた物です。間違いなく鮮度は抜群です。消費者には採れたての新鮮な野菜を食べていただきたいですね! このイベントもリピーターを増やすためには、定期的に開催すると良いのではないでしょうか。例えば、直売所で毎月開催している『17(いな)の日』など、開催日を決めておけば地元の消費者も気軽に足を運んでもらえると思います。直売所ではいつでも新鮮野菜を安価で販売しているので、ぜひお越しください!」

※JAさいたま四季彩館農産物直売所の詳細はこちら。 

お問い合わせ

公益財団法人いきいき埼玉 総務部経営企画担当 電話:048-728-7117