メニュー
閉じる

イベント・講座情報

埼玉未来大学では、各学園での学習に加え、様々なイベント活動を行っております。
シニアライフを健康で安心して暮らしていくために必要な知識を習得し、セカンドステージの新たな活躍の場を見つけるきっかけとしてほしいと考えております。

I・リーグ

埼玉未来大学では、地域で楽しく豊かに暮らせる仕組みづくりを目指し「I(アイ)・リーグ埼玉」を実施しています。
I・リーグとは、「いきいき」のI(アイ)、リーグとはラテン語で「結ぶ」を意味する「同盟」です。埼玉でいきいき暮らすための同盟、誰もが元気に役割を持つ機会を提供することが「I・リーグ埼玉」の目的です。
今年度は、健康長寿の秘訣である「知識力」「運動能力」「創造力」3つの分野を学園対抗・チームで競い合いました。

  • ◆知識力
    「埼玉学」、「いきいきシニア学」、「時事問題」の中から知識や知能を図るための試験問題
  • ◆運動能力
    年齢と比較した運動機能および体組成に基づく評価
    (2回目の計測の点数が1回目に比べてアップするほど高得点になります)
  • ◆創造力
    これぞ埼玉と思える写真の撮影・点数化(専門家審査)

上記の3つの要素全てを点数化し、総合得点により順位を決定します。
埼玉未来大学ライフデザイン科で5人1組のチームを募集しましたところ、16組80人の方々にご参加いただきました。
埼玉未来大学ではこうした取り組みによりシニアの健康増進に努めて参ります。

公開学習

埼玉未来大学では、未来大学受講生及び一般県民を対象に、「公開学習」を実施しております。令和2年度後期は、健康習慣に対するアドバイスや今後の心がけについて、また普段なかなか意識しづらい「死」をテーマとし、多角的な視点から講演しました。

令和2年度後期 実施概要

日時 令和2年12月14日(月) 13:00~15:30
対象者 埼玉未来大学受講生及び一般県民
※埼玉未来大学受講生は、ライフデザイン科及び地域創造科の受講生
第1部 健康セミナー 【テーマ】健康長寿プログラムについて
【講師】埼玉県立大学教授 田口 孝行 氏
第2部 講演
【テーマ】「ひとり死時代の生きかた、逝き方」
【講師】一般社団法人シニア生活文化研究所 所長 小谷 みどり 氏

スラックレール体験

埼玉未来大学では、楽しみながら体幹トレーニングを行い、高齢者の運動機能向上と転倒予防などを学ぶために、スラックレール体験講座を行っています。 転倒予防にもなる足裏の神経、筋肉、関節の刺激と、ふくらはぎ、太ももとお尻の筋肉を刺激し、良い姿勢を維持する体幹を鍛えます。

令和2年度後期 実施概要

日時 令和2年11月24日(火) 13:00~15:30
会場 上尾運動公園 体育館アリーナ

令和2年度後期 埼玉未来大学入学式及び記念講演を開催しました

今年度新たにスタートする埼玉未来大学の入学式が埼玉会館で行われ、学長である大野元裕埼玉県知事は、「埼玉未来大学での学びを通じて、人生のセカンドステージを自ら設計し、それぞれの分野で力を存分に発揮してもらいたい」と述べ、新入生を激励しました。

続いて、来賓の田村琢実埼玉県議会議長からは「大いに学び研鑽を高め、埼玉未来大学での経験を地域にフィードバックしてほしい」とのお祝いの言葉をいただきました。

新入生代表の蔦木チエ子さんは、誓いの言葉において「同じ目標を持つ仲間と助け合い、地域社会の支え手となって生涯現 役で活躍できるよう努めてまいります」と、これから始まる学園生活の抱負を述べました。

また、入学式後の記念講演では、『超高齢化と多様化が進む社会とシニアのくらし』をテーマに、埼玉県立大学の田中滋理事長からお話をいただきました。

日時 令和2年9月28日(月曜日)13時45分~14時10分(入学式)
14時30分~15時30分(記念講演)
会場 埼玉会館大ホール(さいたま市浦和区)
入学生 埼玉未来大学ライフデザイン科(後期課程)入学生 317 名 (内訳:春日部学園 43 名、川越学園 91 名、川口学園 49 名、熊谷学 園 33 名、嵐山学園 38 名、伊奈学園 63 名